2013年5月24日からホメオパシー勉強会が再び開催され、ホメオパシーに興味のある様々な方々に参加して頂きました。その講義の様子を写真とともにご紹介します。

第1回『ホメオパシーの原理』2013年 05月24日 / 25日

いよいよ新期ホメオパシー勉強会がスタートしました。

1回目ではホメオパシーの原理としてホメオパシーの基盤となる5つの原理を順番に追っていき、現代医学との違いや、ホメオパシー治療の特徴、特に症状を完結することの重要性についてみていきました。

年々、症状や熱が大切であるというホメオパシー的な考えを受講者様がよりスムーズに受け入れられるようになっている様子を感じ、人々がよりホリスティックな健康観や自然志向、自己治癒力への信頼感を取り戻されつつある状況をうかがい知ることができました。

次回は事故、怪我、急なトラブルへの対処に役立つレメディーをご紹介していきます。全回受けられなかった方やこれから始めたいという方にもわかりやすくご説明させて頂きます。どうぞ奮ってご参加ください。

ホメオパシーの原理

ホメオパシーの原理についてとてもわかりやすく、学ばせていただきました。とても共感することが大きかったです。急性病にホメオパシーに有効だと思いますので生活にて利用しています。


第2回『事故、怪我、急なトラブルの対処法』2013年 05月31日 / 06月01日

事故、怪我、急なトラブルの対処法


第3回『ティッシュソルトでかしこく健康』2013年 06月07日 / 08日

ティッシュソルトでかしこく健康

第4回『子供の病気と流行病、予防接種について』2013年 06月14日 / 15日

本日の勉強会4回目では「子供の病気と流行病、予防接種について」というテーマで、子供の時期に罹る小児病が持つ免疫発達のための役割と、子供の病気をホメオパシーでスムーズに対処していく方法を学び、本来の獲得免疫を発展させていくことの重要性について学んでいきました。

予防接種による予防期間とその有効期限が切れた大人になってから罹った場合の小児病の複雑化の問題、予防接種に含まれる物質とアレルギーやアルツハイマーなどの病理との関係など幅広いテーマで行われました。

子供の病気と流行病、予防接種について

ワクチンの中身(作り方)について動物性物質入っているのは知っていましたが重金属他の成分があることに驚きました。予防接種の弊害は多くの方に知ってもらいたい内容でした。


第5回『ホメオパシーでデトックス〜放射線対策、医原病、食の問題〜』2013年 06月21日 / 22日

本日の勉強会は「ホメオパシーでデトックス-放射線対策、医原病、食の問題-」というトピックで行われました。

環境ホルモンや放射線の影響、また食品添加物の問題をとりあげ、原因やその影響を解説していきました。また身近にできる解説方も盛り込み、肝臓サポートや環境レメディーなどホメオパシーでの対処法を学んでいきました。生活に密着した身近な話題でしたので、受講者の皆さまから様々な質問が飛び交い、情報交換の場ともなった勉強会となりました。

ホメオパシーでデトックス〜放射線対策、医原病、食の問題〜

わかりやすく、また生活に取り入れやすいことが自分に合っていると思いましたので、またお世話になれたらと思います。

とても勉強になりました。