2013年1月24日から新セミナーホメオパシー勉強会が開催され、ホメオパシーに興味のある様々な方々に参加して頂きました。その講義の様子を写真とともにご紹介します。

第1回『ホメオパシーの原理』2013年 01月24日

本日よりいよいよ、新クラス「ホメオパシー勉強会」(全8回)が始まりました。

一回目の今日はホメオパシーの原理について行われました。まったく初めてホメオパシーを学ぶ方も多く、これまでと違ったホメオパシー独特の病気の捉え方、治療法に戸惑われながらも、日常のエピソードをたとえに説明が行われ、分かりやすく理解できたと感想を頂きました。

次回2月7日の回では日常に遭遇する急なトラブルへのホメオパシー対処について行います。初めての方でも安心してご参加頂けます。日常のトラブルに大活躍するレメディー達の使い方を学びに是非皆さまご参加ください。

ホメオパシーの原理

本だけでは頭に入ってこなかった内容が分かりやすく入ってきて良かったです!カモミールのお話も面白かったです。スライド以外の先生のフリートークがもっと多いと良いなと感じました。次回も参加したいと思います。有難うございました。

全くホメオパシーについては知らなかったので、考え方等がなんとなくですが良くわかりました。レメディーの効果と普段何気なく使っているハーブ等の効果等、共通点や、思い違いをしていたことなどが分かって面白かったです。それぞれの効果などもっと知ってみたいなと思います。

これからもよろしくお願い致します。

第2回『事故、怪我、急なトラブルの対処法』2013年 02月07日

第2回目となるホメオパシー勉強会、今回は「事故、怪我。急なトラブル対処法」についてでした。家庭でできるホメオパシー的ファーストエイドについて、レメディーや様々な日常のエピソードを交えて説明が行われました。

特に今回は、事故・怪我に良いレメディー、また風邪・インフルエンザ等にかかった時の対処の仕方及びレメディーについて話がありました。実際に今回のテーマは生活に密着しており、すぐにでも活用できる情報だったため、参加者の皆様は自分に必要と思われるレメディーやマザーチン クチャーを熱心にメモされていきました。

第3回目は「ティッシュソルトでかしこく健康」。自分に必要なミネラルのレメディーを見つけたりするワークを加えながら、私達現代人が不足しているミネラルをどうホメオパシーで補っていくか を解説していきます。皆様奮ってご参加ください。

故、怪我、急なトラブルの対処法

第3回『ティッシュソルトでかしこく健康』2013年 02月21日

本日第3回目となる勉強会は「ティッシュソルトでかしこく健康」というテーマで行われました。ティッシュソルトとは何か、ホメオパシー的にどのように体内のミネラルを補うためにサポートしていけばよいのか、1つ1つのテッシュソルトの解説 を含めて学んでいきました。

またそれぞれのミネラルを補う食べ物や生活の中で心がけることなど、実践的な話も含めて解説していきました。特に、肌に良いテッシュソルトや、骨・歯のサポートとして使えるものなど実用性があるテッシュソルトは、質問も飛び交い話が盛り上がりました。

次回は「子供の病気と流行病、予防接種について」です。子供の病気に対する心構えや、予防接種についての基礎知識等お話していく予定です。知ると知らないかでは見方が変わってくるものです、ぜひ皆さんのご参加をお待ちしております。

ティッシュソルトでかしこく健康

大変わかりやすく役に立つ話で自分の健康の為に助かりました。年齢とともに変わりやすい体の為に、レメディーをとって健康になりたいです。


第4回『子供の病気と流行病、予防接種について』2013年 03月07日

本日のホメオパシー勉強会では「子供の罹る病気と、流行病、予防接種について」というタイトルで、子供が小児病に罹ることの意味、また罹った場合のホメオパシー的対処についての説明が行われました。

予防接種による「免疫効果」の持続期間と大人になってから罹る小児病の重症化の問題や予防接種の副反応と接種前に施行者側から伝えられるべきガイドラインなど、小児病やその他、流行病を予防接種で予防するメリットとデメリットについても中立的な立場で述べられ、その一長一短を知ることができ今後は接種を信用からではなく、自らの「選択」として行っていけると思います。

また、本来の永続的な免疫を獲得していくためにも病気を恐れず、罹ったらホメオパシーを活用してできる限り、自己治癒力を促して乗り切ることが大事であると思います。

子供の病気と流行病、予防接種について

予防接種を受けていないものも多くそのままで良いか心配だったので、今日は新たなホメオパシーレメディーやマザーティンクチャーを教えていただき安心しました。年末に息子がタミフルを飲んだばかりなので、毒出しもしてあげたいと思います。

初めて聞くことも多く、とても勉強になりました。今までに子供たちにたくさんの予防接種を受けさせましたが、これからの対処の仕方やレメディーの使用法、受けたからと言って永久の免疫が続くわけではなく、また罹る可能性があるということもお聞きしとてもためになりました。ありがとうございました。


第5回『ホメオパシーでデトックス〜放射線対策、医原病、食の問題〜』2013年 03月21日

本日5回目のホメオパシー勉強会では「ホメオパシーでデトックス~放射線対策、医原病、食の問題~」というタイトルで開催されました。今話題となっている環境毒、放射線とのことで、多くの方がいらっしゃいました。

勉強会では、環境ホルモン・重金属の害について、解剖生理、過去の水俣病・イタイイタイ病等の出来事等も含めて解説がされました。放射線とは?放射線に対する対策などもあげられ、質問等も飛び交う活気に満ちた時間となりました。
また食の問題では、みなさん以外と知らなかった食品添加物についての説明をし、生活に役立つ知識を得る機会となったようでした。大切なのはそういった環境毒・食の問題に恐怖・恐れを持つのではなく、必要な知識を持ち、問題を見つめ自らの選択で自分を守っていくことです。

その為にもこうした勉強会が、皆様の日々の健康に役に立ち、ホメオパシーを生活に利用する助けとなればと思っております。

4月4日は、インナーチャイルドを癒す。心からの健康を得る機会、そして自分を見つめる機会です。
皆様のご参加をお待ちしております。

ホメオパシーでデトックス〜放射線対策、医原病、食の問題〜

毎日の生活に役に立ちました。

以前から書籍を読んで食の問題には詳しい方だと思っていたのですが、今回は質問したいことがたくさん増えました。たくさんの事を学ぶ機会ができ、満足です。

いい勉強になりました。ちょっと1時間では足りないくらい。もう少し長く講義を聴きたかったです。


第6回『インナーチャイルドを癒す』2013年 04月04日

本日6回目のホメオパシー勉強会では「インナーチャイルドを癒す」というタイトルで開催されました。
勉強会では、インナーチャイルドという言葉を初めて聞く方にも分るように、その概論が紹介されました。

①インナーチャイルドとは何か?
②どうして形成されるのか?
③どのように癒す事ができるのか?
④インナーチャイルド癒すに役立つホメオパシーレメディー情報

インナーチャイルドの癒しの重要性は、由井学長がずっと以前からお話されており、2009年1月1日に「インナーチャイルドが叫んでる!」が出版されて以来、「インナーチャイルドセラピスト養成コース」が開講される等、本格的な取り組みがされています。
最近では、第3巻目の「インナーチャイルドが願ってる!」が出版されました。インナーチャイルドと対面するワークは、身体に出ている症状と向き合う扉の鍵でもあります。どうして苦しいのか?何が辛いのか?それが分った時、人は、次のステップへ進む事ができます。1時間30分の勉強会では、ホンのさわりとなりましたが、このテーマは、機会がある度にお話し続けて行きたいと思っております。

次回、4月18日は、「男性特有の病気」です。女性の皆様。男性と聞いて自分に関係ないと思わないで下さい。パートナーの健康を知る事は、関係を更に深めるきっかけとなります。是非、この機会に男性の悩みを勉強しましょう!

皆様のご参加をお待ちしております。

インナーチャイルドを癒す

第7回『男性特有の病気』2013年 04月18日

ホメオパシー勉強会7回目の今日は「男性特有の病気」として精神的な問題では男性の社会的な役割や日本独自の縦社会から生じる問題とそれに対するレメディーでの対処を学びました。また身体的な問題については男性生殖器の構造とそれぞれの役割を踏まえ、年々増加している前立腺の肥大やEDなどの問題が生じる原因を、器質的側面や食生活、精神的側面などから説明し、原因に合ったレメディー選びを学んでいきました。

今回は女性だけの参加でしたが次回はぜひ男性の参加を期待いたします。

男性特有の病気

普段男性の身体について勉強することはなかったので、新鮮でした。家族に役立ててあげたいと思います。

男性特有の病気ということで、普段聞かない、または聞いたこともな いことも多かったのですが、へーっと思いながら過ごしました。男性の方が受講できればどんなにいいのにと思いました。きっと知りたいことばかりだったと思います。


第8回『女性特有の病気』2013年 04月25日

ホメオパシー勉強会第8回目(最終会)のテーマは「女性特有の病気」。

現代、生理痛など生理に関わる悩みを抱えている女性は多くいらっしゃいます。
市販されている痛み止めをとってしまう事で、生理が正常に完結されず、次回の生理痛が更に酷くなる仕組みについて学び、その解決法として、ホメオパシーのレメディー、マザーティンクチャー、スパジリックの使い方を学びました。

また、ホルモンバランスを整えるには、オメガ3と6の比率が整った食事を心がける事、生命組織塩(ティッシュソルト)のレメディーでミネラルバランスを保つ、等、一寸した日々の心がけに関する知識も増えました。

女性特有の病気

月経時の痛み止めの時の話など、とても説得力がありました。 ホメオパシーのこと以外にもオメガ3、6など、知らないことが多く、とてもためになりました。ありがとうございました。

本日も沢山のレメディーについて学びましたが、自分にぴったりだと感じるものもあり、面白く勉強できました。ティッシュソルについてもっと学んでみたいです。