短期留学コースはいよいよ第二週に入りました。

西洋薬草学 ハーブガーデンツアー

ハーブガーデンツアー

 西洋薬草学講座では前回の講義をふまえた形でリージェンツパークのお隣のロイヤルカレッジ・オブ・フィジシャンズのハーブガーデンを訪れ、ハーブガーデンツアーが行われました。

 クララ先生による各ハーブの薬効の説明はもちろん、実際のハーブを観察してのハーブの見分け方や採取方法までレクチャーしていただきました。同じ種類のハーブ、見た目が似ているハーブでもその薬効が全く違ってきたりとハーブの奥の深さが垣間見えました。

 さらに、クララ先生にハーブチンクチャーを用意していただきましてハーブを観察しながらその味と薬効を実際に体験する事が出来ました。ハーブごとに全く違った味、色、薬効をもったチンクチャーには受講者の皆さんもまさに興味津々といった感じで、熱心にクララ先生に質問されていました。ハーブの文化が根ざした英国ならではの五感で感じる事の出来るハーブガーデンツアーでした。

>> ハーブガーデンツアーの模様をご覧いただけます ハーブガーデンツアー

フラワーエッセンス講座 ワークショップ

ワークショップ フラワーエッセンス講座では、前回の基本を用いた実践編として、フラワーエッセンスも使用した一人一人のためのスプレーを作ったり、花のエネルギーを感じるワークショップが行われました。クリスタルやアロマ、レメディー等フラワーエッセンスと相性の良いツールも合わせて使いながらのスプレー作りは、皆さんとても関心を持って下さり楽しまれている様子でした。

 また、殆どの方がエネルギーワークは初めてという事でしたが、全員がお花のエネルギーをしっかりと感じる事ができたようです。お花の持つ癒しエネルギーのお陰もあって、受講生の方々には大変満足して戴けたようです。

ホメオパシー講座

 ホメオパシー講座も2回、3回と回を重ねるうちにより具体的に、実践的に、受講者の皆さんの身近な問題をホメオパシーでどう解決するかを学んでいきました。自分自身の問題であったり親しい人の問題であったりと様々ですが、受講者の皆さん全員が初めてレメディーを選ぶにも拘らず、的確なレメディーをちゃんと選んでいたのには驚きました。 今回の講座は3回という限られた時間でしたが、皆さんが積極的にレメディーを理解しようとする意気がとても感じられました。今回参加された方全員が、今後も家庭でいろいろと試してみようという気になったというご意見でしたので、嬉しい限りです。

ヨガクラス

ワークショップ ヨガクラスでは前回の復習から始まり、臓器のフィックスをするポーズも教えて頂きました。ヨガは、臓器の健康もフィックスする事ができます。丈夫な臓器を持っていなければ、急激な運動をしたところで、それに耐える事ができず、効果は出ません。身体の内面を鍛える大切さを教えて頂きました。

 また、呼吸法を学び、陰陽のエネルギーの結合を学びました。「ヨガとは、ライフ全てを指す」と、長い歴史と深い哲学を持つヨギの道をほんの少しですが教えて頂きました。


 英語クラスでも一週目の基礎からグンとレベルアップして、英国の多様な文化やホメオパシーなどを学んでいく時には欠かせない医療をテーマとしたディスカッションをベースに皆さん熱心に学んでいらっしゃいました。

 最後に本コースの締めくくりとして、コースをすべて受講してくださった方に修了書が手渡されました。 次回の短期留学コースの開催は12月を予定しております。このコースにご関心あられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。