新しいレメディーとプルービング

本日のシャルマ先生の講義では、新しいレメディーとプルービングについてをみていきました。

まず、学生からのレメディについての質問に自らのケースを用いて解説されました。
解毒のレメディとして高いポーテンシーをだした場合に、霊体、精神、感情にどのように深く作用し、肉体にどう反応がでてくるのか、そして低いポーテンシーをだす事の意義を教えて頂きました。

ホメオパスとしてエーテル体のエネルギーレベルを想像する事ができるようになれば、自然とレメディの情報がでてくるようになり、クライアント自身にも症状を理解させてあげる事が重要であると述べられました。
また、ホメオパシーで可能な事はクライアントの過去を聴くだけでなく、未来も聴く事ができ、更にはレメディによって過去、現在、未来を良い方向へ動かしていけるようになる事が理解できました。

また、エジプトで作成する事ができるレメディの中で、ミイラのレメディに関してはスピリチュアル的な表現を交えながら、現代人が抱える問題(病理)に対して説明され、学生と共にヒーリングを行い浄化していく等、大変興味深いものでした。

シャルマ先生、最終日も大変貴重で素晴らしい講義をありがとうございました。

アンケート

やはり最後まで全部を理解するのは難しかったけど、一年前に比べてほんの少しずつ理解できるようになってきたことは私の喜びです。そのうちわかるようになってヒーリングもできるようになりたいです。

一番刺激的で、インスピレーションを多く得ることができた授業でした。オルガノンから今後のホメオパシーに繋がる授業の内容だったと思います。

今になって、あの時先生がおっしゃっていたことが線になって繋がってきました。先生の講義が最後になるなんて、本当に残念です・・・。これからも先生から教わったことを忘れずに勉強し続けていきたいです。2年間本当にありがとうございました。

言葉を超えた教えは毎回とても深いものがあり、たくさんのことを教わりました。全てを吸収することができたとは言えないですが、ノートを見返してこれからも学んで行きたいと思います。ありがとうございました。

先生の広く奥深い知識を分け与えて頂けたことに本当に深く感謝しています。自分の中にある、まだ目覚めていない部分がこれからどんどん活性化していくことを思うと本当にワクワクします。これからゆっくりじんわり知識を自分のものとしていき更にそこから発展させていきたいと思います。ありがとうございました!!!

本日、シャルマ先生の最後の授業とは・・・さみしいですね。ヒーリングも瞑想もできなくなるのも・・・残念。あまりにも多くのことを教えていただいたので学校が終わったら整理していかないとです。今日の授業、初めの時のころの感じでちょっと難しかったです。アトランティス時代、それを理解するまで何年もかかりそうです。