ホメオパシーの挑戦、詳細の組み合わせとホリズム、左と右の統合とその意味

本日のトレバー先生の講義ではホメオパシーの挑戦、詳細の組み合わせとホリズム、左と右の統合とその意味について見ていきました。

左脳と右脳では、論理的思考と非論理的思考と働きに違いがあるということです。その違いを機械的な現代医療の視点から踏まえた的確な例によりシンプルに説明されました。また、体と心が関係している事、治癒の法則(ヘリングの法則)、症状は知識を持っている等、バイタルフォースだけが持っているもので体のメカニズムには無いものだと理解できました。そして、十分な訓練を受けていないホメオパスが、処方を行っった場合の危険性を学生に問いかけ、そのパターンや病理を学ぶ必要性をじっくりと解説されました。

本日は最終講義に相応しい大変素晴らしい講義となりました。
トレバー先生、どうもありがとうございました。