神経系、自己免疫、炎症、中毒、変性、アルツハイマー、パーキンソン病、運動ニューロン、多発性硬化症、髄膜炎、自閉症、線維筋痛、ポリオ

本日のトレバー先生講義では神経系の病理について学びました。

体が最も守ろうとする重要な神経系の病理はそれがある日何の前触れもなく突然起こるものではなく、必ず体の膜性免疫を通り越した病因の侵入とそれに対する発疹などの体の免疫反応を抑圧した経歴、そしてそれによる慢性的な毒素の蓄積などが最終的に体の中で最も守られた神経系にまで影響が及ぶ流れを理解することができました。

これらの病理の深さ、進展を掴むことは、それを回復させていくためにどのようなアプローチが必要かも指示し、その多角的アプローチは、その他の多くの病理の治療としても有効なものでした。