チャクラ&サトル体、地球外生物、ヒーリングと瞑想テクニック パート2

本日のシャルマ先生講義ではベースチャクラとグラウンディングについて学びました。ベースチャクラとつながりのある臓器である腎臓と副腎の病理がどの様な背景で形成されていくのかを、根底にあるマヤズムの特徴、その病理へのサセプタビリティーが高い人たちがもつ傾向、マッチするレメディーがどうしてマッチするのかなど要所要所で学生になぜそうなのかを考えさせるかたちで解説していきました。

中医学的な観点、チャクラ、臓器、疾患、傾向、マヤズム、レメディー像、人類の進化の過程で関係するカルマなどが一つの線によってつながり、ありありと目に浮かぶ現実的なシナリオへと着地しました。学生から湧き出てくる新しいアイデアの共有と、自分自身で考える力とが芽生えていくエーテル的エネルギーにあふれる講義となりました。