ケーステイキング:ホメオパシーのアプローチ

本日のバナジー先生の講義はコンサルテーションの際のケーステイキングについてでした。バナジー先生曰く、このプロセスがホメオパ シーの レメディー選びで一番重要な部分であるということでした。ケーステイクがしっかりできれば、レメディー選択は半分終わったようなものだと おっしゃっておられました。

本日はその重要なプロセスを詳しく解説していただきまし た。ま ず、オルガノンのケーステイクについて書かれている部分を章ごとに細かく解説していただきました。そこにはどのような点に注意してクライ アントに質問すべきかなどが書かれていました。また後半では、先生の経験談などを織り交ぜながら、実際先生がコンサルテーションをす る際 のアプローチを紹介していただきました。現場に立つ先生の話ということもあり、学生さんはとても興味を持って聞いておられました。