体への環境による影響・・・空気、水、食物、化粧品、薬品、殺虫剤、電子スモッグなど

本日より新入生を迎え、気持ちを新たに新年度が始まりました。第1日目の今日は由井学長の授業から始まり、午後はトレバー先生による、周りの環境から引き起こされる病気に関する講義でした。

病気に対しての現代医学との根本的な考え方の違いといった、ホメオパシーの基礎に触れながら、環境からの影響で発生した病気に、どのように対処することができるのか解説していただきました。

授業の後半では、人を取り巻く環境と、発生する病気との相関性を調べた研究が幾つか紹介され、現代の社会に広まっている化学物質がいかに恐ろしいものか、どのように体に影響を与えるのか教えていただきました。

治療が難しいとされている現代の様々な病気でも、まずその原因をしっかり考えることが重要であるということを認識させられた授業となりました。