マテリアメディカ Mag-p.(燐酸マグネシウム)、Cupr-ar.(亜砒酸銅)、Mag-s.(硫酸マグネシウム)


本日はフルタイム科5期生の最後の授業でした。ラム先生に授業をして頂き、燐酸マグネシウム、亜砒酸銅、硫酸マグネシウムといった鉱物から作られたレメディーを解説していただきました。

これらのレメディーは精神的な症状の特徴があまりなく、肉体的な症状に使っていけるレメディーで、学生さんが当校を卒業して、臨床の現場にたった時を想定しながら、授業が行われました。「このようなクライアントさんには、まず何を質問するべきか」というような質問が度々出され、多くの経験を持つラム先生から解説していただくことで、学生さんも理解を深めることができたようでした。

また、実際に現場に立つと忘れがちになってしまう、臨床で重要な部分を、ホメオパシーの基本に立ち返って、再確認して頂き、とても実践的な授業が行われました。