スピリチュアルな植物学、植物の科とレメディー パート2


本日のシャルマ先生講義は野外講義としてナチュラルヒストリーミュージアムとチェルシー・フィジック・ガーデンで行われました。

ミュージアムではバタフライや、フォミカ、スコーピオン、ヒスイ(ジェイド)、月や火星からの隕石などそれぞれの展示物の前でそれらの特性とスピリチュアルな次元でのテーマ、そこから読み取れるレメディーの作用が説明され、あわせてこれらのエネルギーを利用してのヒーリングワークを行いました。

午後からは天気も回復し快晴の中、ガーデンでホメオパシーで使われる薬草をみてまわり、やはりシャルマ先生ならではのスピリチュアル次元での植物のテーマが解説されました。学生たちも通常の机上をはなれた屋外での講義を楽しんでいました。