マヤズム、ノゾース、サーコーズ、インポンダビリア、放射線のレメディー


本日のシャルマ先生の授業はマヤズム、ノゾース、サーコーズ、インポンダビリア、 放射線といったレメディーについてでした。

まず胸腺のレメディーであるサイマスグランドをスピリチュアル的な観点から解説して頂きました。近年増えている自己免疫疾患といった症状は自我が確立していないから起こってしまいます。自我と周りの境界線をしっかりと持ち、ハートチャクラを安定させるために胸腺のレメディーが重要であると教えて頂きました。

授業の後半では、遺伝子からできたレメディーを紹介して頂き、実際に授業内でその作り方を見せて頂きました。できたレメディーをプルービングした学生さんは、その時感じた様々な感想を述べ合い、活気に満ちた授業となりました。

また、5月21日には日本で金環食が見られます。本日はその金環食についてもシャルマ先生に解説して頂きました。スピリチュアル的に日本にとってどのような意味合いがあり、私たちに何ができるのかを教えて頂き、大変興味深い内容となりました。