皮膚病のホメオパシー治療


本日のストットラー先生講義は心臓血管の疾患とそのホメオパシー治療についてでした。

心臓血管のそれぞれの疾患に対する現代医学の標準的な治療と病理についてまず見ていき、その後、ホメオパシー的な病理、病状と影響を受けている器官からの考えられるマヤズム、そして特定の病理や臓器への親和のあるティッシュソルトとマザーティンクチャー、レメディーについて学びました。

ハーネマンがオルガノンで記したエネルギーレベルの疾患と臓器レベルでの疾患を踏まえ、動脈瘤、動脈硬化など重篤な病理をアロパシー薬と並行してホメオパシー治療を行っていく現代に必要なメソッドを学ぶことができる、高度な講義でした。