チャクラ&サトル体、地球外生物、ヒーリングと瞑想テクニック パート1


 本日の講義では様々な治療体系についての物質的次元から高いエネルギー的次元までのヒエラルキーを見ていきました。クライアントの自己治癒力を用いずに治療を行うアロパシーからはじまり、マッサージなどの肉体的な施術、ホメオパシー、ハーブなどレメディーを用いるもの、そして一番上に瞑想やスピリチュアルな気づきといったエネルギーや意識の変化による治癒というところまでの階層にわかれました。ホメオパシーは科学的に説明がつかない為によく、その効果を1時間程度のカウンセリングによるホメオパスとの共感体験によるものとして説明されることがありますが、ホメオパシーではまさにレメディーによる働きかけだけでなく、このようなクライアントが高次の気づきを得ていく過程を促進する要素もある療法であるということです。ハーネマンの言う、一番高いレベルにある信念の病気というのもこのような側面からの包括的なアプローチが必要であるということが今回の講義でより具体的に感じることができました。