呼吸器系、レメディーの識別とケース


 本日のスミス先生の講義では呼吸器系の疾患に対するレメディーについてケースを交え、咳や分泌物の特徴からのレメディー選択を学びました。「ホメオパシーなんてちょろい」をモットーに出来る限りホメオパシーをシンプルにわかりやすく伝えるかという工夫がなされたスミス先生の講義はいつも面白く、分かりやすく、レメディーの特徴が身についていきます。
 またもう一つのモットー「鋼の神経」をもって、どんな時もパニックにならず とにかく自分の処方を信じてケースを進めていくというホメオパスの心構えについても教えていただきました。