ホメオパシー・マテリア・メディカの理解の為の神話の利用
宗教的な領域と神話からのホメオパシー・レメディー


 本日はシャルマ先生による「ホメオパシー・マテリア・メディカの理解の為の神話の利用 宗教的な領域と神話からのホメオパシー・レメディー」をテーマとした講義が行われました。
 講義は「何故神話を学ぶのか?」の問いとともに始まりました。神話は真実の話であり、古代人にとっては現実に起こった話であり、のちに神話は真実の話から象徴的な物語に姿を変えていった。神話に登場するヒーローの冒険物語は人々が乗り越えなければならない儀式が試練、逆境などとして、モンスターとの戦いは人間の進化の前段階の不必要な物、乗り越える必要のあるものとの戦いとして描かれている。
 神話にある様々な物語はレメディー像を示しており、その神話をアーキタイプとして、自分の体のプロセスとして活性化をすることが魂と身体の発達を目指す上でとても大切であると仰っていました。シャルマ先生、本日も大変興味深い講義ありがとうございました。