Part 1
Germ theory
Bacteria, fungus, virus – they're different
Immune Theory
Evidence for vaccine effectiveness
Evidence for vaccine safety
Understanding the body in detail and overview
Development of serious disease
Classification of serious disease
What do vaccines do?
Help or make things worse
What to do if don't vaccinate
How to improve health

Part 2
Address questions from having been to part 1
New Paradigm - Susceptibility
Disease as process
Catching Disease
Emotional content of disease
Resolving chronic disease
Up-to-date Immunology
Why are there opposing expert opinions
The way forward in principle

PDFこちらからチラシがダウンロードできます

Part1の様子


トレバー・ガン トーク Part 1 を 2月9日(木)19時より開催しました。

テーマは:ワクチンと自然免疫の比較

冒頭部では、幼児疾患や感染病に関する年代を追った罹患数を表した多くのグラフが示されました。また疾患に対する定義を変える情報操作のからくりについても説明されました。そして、自然免疫についての概要。

私達の身体に毒が入ったら、身体はどんな反応を起こしますか?嘔吐、下痢、発熱、発疹、など様々ですね。これらは辛い症状ではありますが、この自然な反応のお陰で、身体に入った毒は排泄されます。この「排泄」って言葉が鍵なのです。この排泄を嫌がり、反応を抑えてしまったらどうなるか?毒は、身体に残り、身体中に発散され始め、他のもっと深刻な問題へと繋がって行きます。

ワクチンの世界では Adjuvant(アジュバント)という言葉が使用されています。このアジュバントがなければ、ワクチンは、測定できる抗体反応を持つ事ができません。

「いい響きの言葉を使ってるよね?」とトレバー先生。

そのアジュバントに最もよく使用されているのは、アルミニウム。神経系に毒性の影響がある事で知られている重金属です。アルツハイマー、神経系疾患、自閉症との関連も多くの学術論文に見受けられます。

European food safety authority(欧州食品安全機関)が推奨するアルミニウム摂取安全値は、最大で、1週間につき1kgの体重に対して1mg。この量ならば、99.9〜99.7%までが血液や身体の内部体系に入る事無く、排出されるそうです。しかし、この吸収を助ける食事の中に他の要素がある場合、この吸収レベルは10倍になります。つまり、この体内に残る0.3%の10倍で、最大限度の3%が身体に吸収されるという事になります。

例えば、生後6か月の赤ちゃんで体重が10kgある場合、10mgの3%である、0.3mgが1週間に対する限度値となります。ところが、ワクチンに含まれるアルミニウムは、その約2.5倍の0.85mgが含まれています。そして、その赤ちゃんは、1日でそれを摂取してしまう事になるのです。

このような事実が多く暴露され、参加者達は、時に驚愕した反応を示されていました。

講師紹介 トレバー・ガン氏

生化学者、英国のホメオパスであり、当校の副学長を務める。「予防接種ははたして有効か」の著者。
現代医学の病理モデルを踏まえ、症状を取り去ることだけに焦点を当てた治療法の矛盾点を指摘し、表面的に症状を抑えるだけの治療によって次に体の中で起こる生理的現象、問題の深刻化を生化学者のバックグラウンドから科学的に解説します。
ガン氏の病理・生理に関するアプローチは、体の生体システム、病気のプロセスについて誤った常識を覆し、真の理解を与えてくれます。

日程・会場・参加費

日程

第1部 2012年2月9日(木) 19:00~21:00

第2部 2012年3月13日(火) 19:00~21:00

会場

The Japan Royal Academy of Homoeopathy,
13-15 Canfield Place,
London NW6 3BT


参加費

•一般 25ポンド

•ペア割り(2名様) 45ポンド

上映会等の注意事項

カメラ、ビデオによる撮影、録音機器、PCなどによる録音および記録はご遠慮いただいております。

お席はお申込みをもってご用意させていただきます。

日程の変更等がある場合がありますので、事前のご予約をお願い致します。

お子様(乳飲児のみ)をお連れをご希望される場合は、別室をご用意しておりますので、お申込み時にお知らせください。他の方にご迷惑がかかる場合は、席を外していただく場合もございます。

スリッパをご持参ください。

お問い合わせ・お申し込み

只今、申込を受付中です!お申込み方法は下記の3つよりお選びいただけます。

お電話

+44 (0) 20 7644 9265
お電話でお気軽にお申し込み・お問い合せください。



オンラインフォーム

こちらでオンラインのお申込みを受け付けております。



FAX

FAX申込みフォーム(PDFファイル)をご用意しております。FAXでお申込みの場合は、お客様にて印刷いただき、必要項目をご記入の上、 当校までお送りください。